勤務医マイラー マイル&ポイントの旅

JCB プラチナカードという選択 JCB THE CLASSへの最短ルート

どうも、勤務医マイラーです。

JCB QUICPayキャンペーンも佳境に入り、JCB知名度も再認識されたかと思います。

今回はJCB最高峰、JCB THE CLASSのインビテーションを狙う方にも人気のプラチナカードについて真面目に考えてみましょう。



f:id:donguri-Genie:20191128143851j:image

 

JCBプラチナカードとは

JCB OS(オリジナルシリーズ)申し込み制最高ランクカードです。2017年に誕生したばかりで、他社カードと比較してもコストパフォーマンスが非常に優れているカードで、インビテーション制のTHE CLASSを狙っている方にも人気です。カード券面もブラック基調で落ち着いた感じがありますね。

 

メリット

年会費がリーズナブル

年会費(本会員)25,000円(税別)年会費(家族会員)1名様無料、2人目より1名様につき3,000円(税別)お申し込み対象(本会員)25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。(公式サイトより)

 

日本唯一の国際ブランドであるJCB、プラチナカードの年会費はアメックスゴールド比べてもとてもリーズナブルです。家族カードも一枚は無料です。

 

旅行保険が自動付帯

旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)海外:最高1億円

国内:最高1億円

海外、国内問わず自動付帯します。旅行時も安心ですね。

 

航空機遅延保証

国内・海外航空機遅延保険乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
2万円限度

出航遅延費用等保険金(食事代)
2万円限度

寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)
2万円限度

寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)
4万円限度

この通り、航空機遅延保証もバッチリついています。出張の多い方や、マイラーの方にもとても便利です。


グルメ・ベネフィット

国内の厳選した有名レストランで所定のコースメニューを2名様以上で予約すると、1名様分の料理が無料となる期間限定の優待サービス。(公式サイトより)

招待日和と重なるお店も多いですが、JCB限定のお店も各種揃っています。



f:id:donguri-Genie:20191128143903j:image


プラチナ・コンシェルジュデスク

JCBプラチナ会員の皆様専用デスクとして、24時間365日利用できます。
旅の手配・予約、ゴルフ場・チケット・レストランのご案内、その他さまざまなご相談などを、専任スタッフが可能な限り承ります。(公式サイトより)

コンシェルジュサービスももちろんあります。体感だと、繋がりやすさは他社と同程度か、最近混んでるアメックスプラチナよりも早いかもしれません(完全な私見)。 レストラン予約などには丁寧に対応してくれます。


f:id:donguri-Genie:20191128143920j:image

 

プライオリティ・パス

世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」。混雑する空港ターミナルのけん騒から逃れ、フライト前のひとときをごゆっくりおくつろぎください。(公式サイトより)

プライオリティパスも付帯します。羽田などのカードラウンジにはJCBプラチナでは入れますが、海外利用時には重宝しますね。

 

JCBプレミアムステイプラン

全国から上質で人気の高いホテルと旅館を厳選してご用意しました。ホテル編では、JCBならではのお値打ち価格で宿泊できる「スペシャルプライスプラン」、旅館編では、お客様の満足度の高い旅館を数多く揃えています。会員限定特典のついた施設もあります。ビジネスやプライベートでの滞在にぜひご利用ください。(公式サイトより)

さすが老舗のカード会社だけあり、こちらのサービスは秀逸です。エクスペディアなどで宿が見つからないときも、こちらに相談するとお部屋が取れたり、ネット予約よりも安い価格で提示されたりもします。

 

OkiDokiポイント

基本的には1000円利用で1ポイント(5円分)ですので還元率は0.5%とイマイチです。

ただし、JCBオリジナルシリーズパートナーでの利用で数倍になります。

例えば

スターバックスカードへのオンラインチャージでは10倍(5~8.5%)

Amazonセブン-イレブンでは3倍(1.5~1.85%)(公式サイトより)

とお得になります。更に現在キャンペーン中で、なんと10倍になります!(詳細は後述)


f:id:donguri-Genie:20191128143639j:image

 

ハワイでの各種メリット

JCBの本家カードですので、もちろんハワイでの各種特典はバッチリ受けられます。

ワイキキトロリー(ピンクライン)無料や、JCBラウンジの利用などハワイに行くならJCB!というメリットは健在です。


f:id:donguri-Genie:20191128073134j:image

 

デメリット

ポイント還元率

基本的な還元率が0.5%であり、前述のパートナー店舗以外だと、なかなかメインとして使いづらい部分もあります。

あふれる普通感

この点は完全に私見です。もちろんプラチナカードなので普通ではないのですが、インビテーションのTHE CLASSと比べるとどうしても、、、年会費も割安で、コンシェルジュや各種メリットも沢山あるのですが、ディズニー特典もなく、正直地味な印象はあります。ただ、最高峰のTHE CLASSを目指す方には最短ルートと思われますのでぜひおすすめです。

 

キャンペーン

現在行われている入会キャンペーンなどはこちらになります。

 

JCBオリジナルシリーズパートナー利用でポイント10倍!

対象のJCBオリジナルシリーズパートナーの店舗を利用するとOkiDokiポイントが今なら10倍になります。こちらは2019/12/31までとなっています。


f:id:donguri-Genie:20191128073242j:image


入会キャンペーン


f:id:donguri-Genie:20191128073203j:image

現在web申込みでは入会キャンペーンが行われております。

2020/3/31までですので、ぜひ一度公式サイト⇓を御覧ください。

www.jcb.co.jp

 

JCBQUICPay 20%還元キャンペーン


f:id:donguri-Genie:20191128073312j:image

もちろんJCB OS(オリジナルシリーズ)ですから、QUICPayキャンペーンに利用できます。2019/12/15までと期限が迫ってきてますので、発行を考えている方はお急ぎ下さい。

(JCB QUICPay 20%還元キャンペーンについてはこちら⇓もご覧下さい)

donguri-genie.hatenablog.com

 

いかがでしょうか。

唯一の日本製国際クレジットカード、JCB。最高峰のTHE CLASSを目指すのであれば最短ルートと考えられます。

 

年会費含め、とてもコストパフォーマンスの高いカードです。

一度ご検討いただいても良いと思います。